なぜあの人はいつも遅刻するのか?心理学で説明された3つの原因と対策

精一杯心がけているつもりでも、約束した時間よりいつも10分、遅れてしまう。そういう人は信頼できる人間、だろうか?

研究によると、慢性的な遅刻は不注意でも、運悪く地下鉄で待たされたせいでもなく、人格特性によるものだという。時には自分の意思に関係なく、何度も遅刻を繰り返すのには、複数の性格特性が影響している。

しかしそれは、遅刻が永久的に続く習慣であるという意味ではない。原因を特定できれば、遅刻をなくすためにできることはたくさんある。いつも最後に到着する人には誰もなりたくないだろう。

■同時に複数のことをやりすぎているかもしれない。

複数のことをやっていると時が経つのは早い。2003年に、ニューヨーク市地下鉄の労働者を対象にした研究では、同時に複数の作業をやっている人は1つの作業に集中している人に比べて仕事に遅れることが多いことがわかった。

これは自分自身の行動を認識する「メタ認知」と呼ばれる現象が原因かもしれない。遅刻癖がある場合、時間通りに進んでいるかを確認するために必要なことをやっているかどうかの認識だ。同時に複数のことをやるマルチタスクは、一般的にメタ認知を難しくさせる、とビジネス系サイト「ビジネスインサイダー」は報じた。

No Comments, Be The First!

Your email address will not be published.