定番よりもこちら

西洋種のバターナッツですが

そのクリーミーな旨味と

調理がし易いという点で料理でも人気があります。

栽培期間が短くて摘心の手入れも不要で、

放任でも沢山収穫出来るという点から、

栽培する人にも人気が高まっています。

今では市場の店頭の並ぶのは当たり前の様に出てくるので

珍しい食材というには面白味が半減してきました。

だけど旨味は確かなものですから、贅沢や我儘は言ってはいけませんね。

ひねくれ者という性格上

人が同じことを始めるとやる気を失い、

同情することが苦手なのはいつものことです。

そこで

人がまた目をつけていない品種に着目

それがこちら

以前ブログで紹介しましたが

これ一個で1.0㎏を超えています。

品種は…”バターナッツ” ですよ♪

え? バターナッツが二種類あるの?

そうなんですよ(#^^#)

こちらは

イタリアで主に生産されている地元野菜で、

名前は”バターナッツ/ナポリ種”と呼ばれいています。

タネだってこの通りよく似ています

もっぱらマイブームはこちらに気移りしつつあります。

旨味はバターナッツという通り、kジュリーみーで国があります。

自家採種用に完熟させたので

沿うしな替えればもっとおいしかったと思います。

奇跡的にもこれ一個だけの収穫だったので

今から思えば自然からの賜物だったのでしょうね。

今年はこれで美味しい料理を考えたいですね。

No Comments, Be The First!

Your email address will not be published.